fc2ブログ

教育勅語とは GHQが恐れた理由【原文と現代語訳】

 戦前、日本には『教育勅語(きょういくちょくご)』というものがありました。教育勅語とは、明治23年(1890年)10月30日に発布された、明治天皇の勅語です。

 当時の日本はとにかく「西洋に追いつけ、追い越せ!」ということで、知識詰め込み型の教育が重視され、一方で日本伝統の道徳教育、つまり親孝行しましょうとか、常に謙虚でありましょうなど、立派な人格を形成するための教育が軽視されていました。それを憂慮された明治天皇が出されたのが、この教育勅語です。




教育勅語の中身


 まず、教育勅語の原文と現代語訳(※筆者訳)を見てみましょう。


【原文】


教育ニ関スル勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風を顕彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス
朕爾臣民ト倶ニ拳拳服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
御名 御璽


【現代語訳】


教育に関する勅語

 朕(明治天皇)が思うに、我が皇室の御先祖様が国をお始めになったのは遥か昔のことであり、その徳は深く厚いものです。
 我が臣民は忠と孝を守り、全国民が心を一つにして、代々その美徳をなしてきたことは、日本の最も優れた国柄であり、教育の源は実にこの点にあります。
 あなたたち臣民は、親孝行し、兄弟は仲良くし、夫婦は仲睦まじくし、友人は信じ合い、慎み深く自分をただし、広く人々を愛し、学問を修め、仕事を習い、知識と才能を伸ばし、人格を完成し、進んで公共の利益に貢献し、務めを果たし、常に憲法を重んじ、法律を守り、もし国家に危険が迫ったときは忠義と勇気をもって公のために働き、永遠に続く皇室の運命を助けなければなりません。このようなことは、ただあなたたちが朕の忠実で良い臣民ということだけでなく、あなたたちの祖先の残した伝統を表すものでもあります。
 この道は、実に我が祖先の遺訓であり、皇室の子孫も臣民も共に守るべきもので、今も昔も変わらず、国内でも外国でも間違いのない道理ですから、朕もあなたたち臣民と共によくよく心に刻み、皆一致してその徳を実現することを願っています。

明治二十三年十月三十日
天皇の署名 印


教育勅語内の12個の徳



 この教育勅語の中身には、主に12個の徳が示されていることが分かります。

1.親に孝養をつくしましょう(孝行)
2.兄弟・姉妹は仲良くしましょう(友愛)
3.夫婦はいつも仲むつまじくしましょう(夫婦の和)
4.友だちはお互いに信じあって付き合いましょう(朋友の信)
5.自分の言動をつつしみましょう(謙遜)
6.広く全ての人に愛の手をさしのべましょう(博愛)
7.勉学に励み職業を身につけましょう(修業習学)
8.知識を養い才能を伸ばしましょう(知能啓発)
9.人格の向上につとめましょう(徳器成就)
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう(公益世務)
11.法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう(遵法)
12.正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう(義勇)1)

 この12個の徳に関して、何もおかしいところはありません。人として当たり前で大切なことばかりです。



教育勅語の廃止


 昭和23年(1948年)6月19日、衆参両議院による決議で教育勅語は廃止されました。GSのジャスティン・ウィリアムスという国会課長が衆議院と参議院の文教委員長を呼び出して、口頭命令で教育勅語を廃止するよう命じたのです2)

 なぜ口頭にしたのか。指令として命令すると、日本国民に「GHQが教育勅語を廃止した」とバレてしまうからです。GHQはあくまで、日本政府自ら教育勅語を廃止したということにしたかったので、口頭で命令したのでした。GHQの得意な「二人羽織体制」ですね。高橋史朗氏は、ジャスティン・ウィリアムスの文書を米メリーランド州立大学「プランゲ・コレクション」の中から発見したと述べています。この文書は「HR(House of Representatives:衆議院)ドラフト」と書かれた、衆議院の教育勅語の廃止決議案でした3)


なぜGHQは教育勅語を廃止したのか?


 では、なぜGHQは教育勅語を廃止へと追い込んだのでしょうか?GHQの婦人教育担当だったアイリーン・ドノバンは、昭和21年(1946年)8月6日、教育部長のマーク・T・オアにあるメモを送りました。一部引用してみましょう。

 「この勅語は、極度の西欧化に対する恐怖感から生まれたものである。・・・百三十語の漢字からなる勅語は日本民族主義のマグナ・カルタ(大憲章)であり、軍国主義者や超国砕主義者の行動や理論の源になったものである」
 勅語で強調されている「忠君」と「親孝行」について、「これらは西欧で理解されているようなものではなく、封建的な概念であり、四十七浪士の盲目的な忠誠であり、この忠誠の下、全ての罪悪は許された。また、親子の愛については天皇崇拝の宗教に結びつき、愛国主義の宗教を作り上げた。教育勅語が日本帝国の教育の源だとすると、一体全体、”日本の教育哲学”とはなんだと問い返さざるを得ない。真実を追求する精神が入り込む余地が一体どこにあると言うのだろうか」「より直接的な危険は”一旦緩急あれば義勇公に奉じ以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし”という言葉の中にある」「日本人の道徳・倫理の目的は皇室の繁栄のためにだけある」4)

と言っています。これは果たして本当でしょうか?


GHQの日本に関する無知


 もしドノバンの言うとおり、教育勅語が天皇を崇拝するカルト宗教みたいなもので、皇室の繁栄のためだけにあるのだとしたら、なぜ日本は戦争になったのでしょうか。昭和天皇は、満洲事変にも支那事変にも対米開戦にも、全部反対していました。それにも関わらず、天皇の反対意思は押し切られ、日本は戦争に突入し、焦土と化したのです。今は日本国憲法第1条で「天皇は日本国の象徴である」と規定されていますが、実はそれ以前から、天皇は国民の大多数が決めたことを否定できなかったのです。

 さらに、これもGHQが理解できなかったことですが、日本の「天皇と国民の関係」というのは、他国の「君主と国民の関係」とは違います。他国では国民は君主のために存在します。だからいざ国が危なくなると、君主は命乞いをしたり、国外に逃げたりします。しかし日本の天皇はそれとは違い、常に国民の幸せを祈ります。そのことを、昭和天皇とマッカーサーの対談を例に見てみましょう。

 昭和20年(1945年)9月27日、昭和天皇とマッカーサーがアメリカ大使館公邸で対談を行いました。当初マッカーサーは、昭和天皇が命乞いをするのではないかと思っていました5)

 しかし昭和天皇の言葉は、マッカーサーにとって意外なものでした。藤田尚徳著『侍従長の回想』によると、昭和天皇は次のような御発言をされました。

 「敗戦に至った戦争の、いろいろの責任が追及されているが、責任はすべて私にある。文武百官は、私の任命するところだから、彼らには責在はない。
 私の一身は、どうなろうと構わない。私はあなたにお委せする。この上は、どうか国民が生活に困らぬよう、連合国の援助をお願いしたい」6)

 また、マッカーサーは昭和天皇の御発言を受けたときの感想を、後に回想録の中でこう述べています。

 「私は大きい感動にゆすぶられた。死をともなうほどの責任、それも私の知り尽している諸事実に照らして、明らかに天皇に帰すべきではない責任を引受けようとする、この勇気に満ちた態度は、私の骨のズイまでもゆり動かした。私はその瞬間、私の前にいる天皇が、個人の資格においても日本の最上の紳士であることを感じとったのである」7)

 このように、天皇は国民の幸せを祈り、国民は天皇を想い、お互いを大切にし、一緒に前へ進んでいく、というのが日本という国です。他国の「君主と国民の関係」とは違うわけですが、GHQにこの日本の伝統を理解できる人はほとんどおらず、だからこそ教育勅語のことも「教育勅語は皇室が自分たちのために国民を洗脳する宗教だ」と解釈しました。結局この偏見が決定打になり、教育勅語は廃止されたのです。

 この教育勅語の件からも分かるように、GHQは日本がどんな国か、日本人がどんな民族か、根本的に理解していませんでした。GHQの無知が、GHQ占領下における日本の破壊に拍車をかけたのです。



【参考文献】
1) 明治神宮『明治神宮とは』http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html
2) 高橋史朗『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』致知出版社、2014年、pp.157-158
3) 同上、pp.158-159
4)西鋭夫『國破れてマッカーサー』中央公論社、1998年、p.253
5)マッカーサー『マッカーサー回想記』津島一夫訳、朝日新聞社、1964年、p.142
6)藤田尚徳『侍従長の回想』講談社、2015年、p.176
7)マッカーサー『マッカーサー回想記』津島一夫訳、朝日新聞社、1964年、p.142
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR